auひかりはフレッツ光よりもおすすめ



 

auひかりは、光コラボレーションとして提供されているインターネット光回線です。
インターネット回線といえば、これまではフレッツ光が主流でしたが、光コラボが登場したことでいろいろな回線の中から、自由に選ぶことができるようになりました。

 

光コラボは、料金面でのメリットやスマホへの割引、その他キャンペーンなど様々なメリットがあります。
特にスマホをお持ちの方にはおすすめしたいサービスです。
そんな中でも特に人気があるのがauひかり。

 

auひかりはauから提供されているサービスです。
auといえば、KDDIが運営している携帯電話事業で、ドコモに次ぐ加入者数を誇っています。
そんなauというブランド力も手伝って、auひかりはどんどん加入者数を伸ばしています。

 

もちろん、名前だけでということではなく、サービスそのものの評判も良く、安定した光回線サービスが提供されているからですね。
そんなauひかりの申し込み前に知っておくべきことや、契約から開通までの流れ、そして解約時の違約金などauひかりに関する情報を総まとめにしてみました。

 

なお、こちらのページは以下のサイトの情報を参考にさせていただいております。
auひかり以外の光コラボについての情報も掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

光コラボ比較.com

 

参照:光コラボ回線の比較サイト

 

料金プラン

フレッツ光 auひかり
回線料金

4,700円
※ギガ推し!割引
※にねん割

1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円

プロバイダー 500円〜 込み
電話 500円 500円
合計 5,700円

1年目:5,600円
2年目:5,500円
3年目以降:5,400円

※戸建てプラン

 

レッツ光とauひかりの料金を比較してみました。
フレッツ光は別途プロバイダー契約が必要な為、最安価格のプロバイダー料金で計算しています。
フレッツ光のプロバイダーで一番安いのは500円のBBexciteになりますね。

 

プロバイダー 料金
nifty 1,000円
AsahiNet 700円
BBexcite 500円
BIGLOBE 1,200円
DTI 951円
hi-ho 1,200円
OCN 1,100円
plala 1,000円
So-net 1,000円
WAKWAK 950円

 

また、auひかりはプロバイダー一体型なので、契約も支払いもauひかり一本というのが、シンプルで分かりやすいです。
この料金でいくと、1年目で100円、2年目で200円、3年目以降は300円auひかりの方が安いことになりますね。

 

光コラボの安さの仕組み

auひかりなどの光コラボは、回線設備をNTTから借りて利用しています。
つまり、フレッツ光でもauひかりでも使っている回線は一緒なのです。
なのに、なぜauひかりの方が料金が安くなるのでしょうか?

 

それは、NTTから回線を借りるにあたりauが支払う料金は、卸値なので安いんです。
その安くNTTから借りた回線を、auは消費者にできる限り安いままで提供しているんですね。
auひかりがNTTと同じ料金でサービスを提供してもいいんですが、それではフレッツ光からauひかりにわざわざ手続きをして乗り換えしようという人はいませんし、新規顧客もなかなか獲得できません。

 

ですから、auひかりはフレッツ光よりも安い料金プランを提示することで、フレッツ光からの乗り換え顧客を獲得したり、新規顧客を獲得して加入者数を増やしているんですね。

 

あとは回線料金やキャッシュバックなどのキャンペーンについても同様です。
フレッツ光はすでに膨大な加入者を抱えています。
数年前ならまだまだインターネット回線を利用していない方がたくさんいましたが、今は法人も個人もインターネットを必要とする方は大抵どこかの回線で契約をしています。
その多くがフレッツ光なので、これ以上お得なキャンペーンを行ったり、値下げしても加入者数が大幅に増える可能性がないので、フレッツ光ではそういったキャンペーンを控えているんですね。

 

その一方、auひかりはこれからどんどん加入者数を伸ばしたいので、積極的に料金を安くしたり、スマホ料金の割引サービスを行ったり、キャッシュバックキャンペーンを開催したりするのです。

 

auスマートバリューでさらに安くできる

auひかりの料金プランを見て、フレッツ光よりも安く利用できることはお分かりいただけたかと思います。
しかし、実はauひかりはこれだけではありません。
auスマートバリューを利用するとさらにスマホ料金が毎月割引になります。
auスマートバリューはauひかり(ネット+電話)とauスマホをセットで利用することで対象となる割引です。

 

auスマートバリューを適用させれば、毎月の通信費用がトータルでさらに安くなります。(ネット料金+スマホ料金)
auスマートバリューの割引額は、契約しているデータ定額プランによって異なりますが、最大で2年間最大2,000円が割引されることになる場合もあります。
そして、3年目以降も毎月934円の割引が適用になるので、フレッツ光を使っている時と比べると、各段に安くなることがわかります。

 

サービス提供エリア

フレッツ光は、さすがNTTという感じで光コラボに比べると利用可能なエリアが広いです。
残念ながらこれに光コラボが対抗はできません。
場所によってはauひかりは利用できないけど、フレッツ光なら利用できるというところがでてきてしまいます。
まあこれは仕方ないとしか言いようがないですね。
auひかりが利用できないエリアで、インターネットをどうしても使いたい場合にはフレッツ光と契約するしかありません。

 

ただし、一部例外となる地域もあります。
というのは、auひかりは利用できないけれど、フレッツ光以外で契約できる回線があり、その回線との契約でauスマートバリューが適用可能ということがあるんです。

 

東海エリア

東海エリア(愛知県・岐阜県・静岡県・三重県)では、コミュファ光が利用できます。
コミュファ光は光コラボではないので、フレッツ回線ではなく独自の回線を使ったサービスになります。
回線速度は最大1Gbpsなのでauひかりと同等です。
このサービスを提供しているのは中部テレコミュニケーション株式会社という、KDDI株式会社傘下で中部電力グループなので問題ありません。
auスマートバリューが適用可能なので、auスマホを利用している方ならauひかりと同じようにスマホ料金が割引になります。
しかも、コミュファ光は最大55,000円還元なので、場合によってはauひかりよりもお得になるかもしれません。

 



 

関西エリア

関西エリア(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県)ではメジャーなのがeo光です。
eo光は株式会社ケイ・オプティコムが運営していて、この株式会社ケイ・オプティコムは関西電力系の企業です。
回線速度は最大1Gbpsですが、「BB SPEED AWARDの2016」では最優秀賞を受賞するなど、評判も上々です。
料金は長期で利用すればどんどん下がっていって、6年目からは10%OFFで利用できるのがうれしいですね。
auスマートバリューも適用すればかなり割安になりそうです。

 

 

中国エリア

中国エリア(広島県・岡山県・山口県・島根県・鳥取県)では、メガエッグ(MEGAEGG)が利用できます。
メガエッグ(MEGAEGG)は、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ、通称エネコムという中国電力系の企業が運営をしています。
メガエッグもコミュファ光と同様にフレッツ回線ではなく独自の回線を利用しているので、フレッツ光の回線が混雑しても影響はありません。
回線速度は基本的に最大1Gbpsですが、建物によって1Gbpsが利用できない場合に限り、最大100Mbpsとなります。
もちろんauスマートバリューの適用可能です。

 



 

四国エリア

四国エリア(香川県・徳島県・高知県・愛媛県)では、ピカラ光という回線が利用できます。
ピカラ光は、香川県にある株式会社STNetという企業が運営をしています。
四国限定のサービスなので聞きなれない方が多いと思いますが、2010年のRBB TODAYブロードバンドアワードではベストキャリアとして選ばれています。
フレッツ回線ではなく独自回線を利用しており、回線速度は最大1Gbps。
auスマートバリュー適用可能であるほか、カスペルスキーが標準装備されていてセキュリティ面もバッチリです。

 



 

回線速度

auひかりの回線速度は最大1Gbps、他の光コラボやフレッツ光と一緒です。
しかし、auひかりの回線は他の回線に比べて安定しているという評判をよく目にしますね。
確かにauを運営しているKDDIはNTTドコモに次ぐ加入者数を誇る通信会社ですので、それも納得できる気がします。

 

プロバイダー

auひかりはプロバイダー一体型ですが、それでもいくつかの中から選択することはできます。

 

@nifty
@T COM(アットティーコム)
ASAHIネット
au one net
BIGLOBE
DTI
So-net

 

特にプロバイダーにこだわりがない方は、「au one net」にして回線もプロバイダーもau一本にしてしまうのがわからなくならなくていいと思いますね。

 

オプション

電話

auひかりの電話サービスは、月額500円で利用可能です。
現在利用中の電話番号をそのまま引き継ぐことも可能です。
通話料金は一律8円/3分でお得ですね。
その他、必要に応じて様々な機能を利用することができます。

 

サービス 月額料金
割り込み電話 300円
発信番号表示 400円
割込番号表示 100円
番号通知リクエスト 200円
迷惑電話撃退 700円
着信転送 500円
KDDI電話 auで着信確認 0円
移転番号アナウンス 0円
国際不取扱 0円
番号通知設定 0円

 

テレビ

auひかりのテレビサービスは、セットトップボックス利用料500円/月で利用可能です。
また、ビデオパスなら自宅にいながらにして最新映画をレンタルすることも可能です。
返却の手間や返却し忘れもなくて安心ですね。

 

おまかせアドバイザー

おまかせアドバイザーは、自宅まで専門スタッフが訪問してくれて、auひかりホームの導入に関する相談や利用方法について説明をしてくれます。

 

無線LAN機器レンタル

自宅でWi-Fiを利用したい場合、通常は無線ルーターを購入する必要がありますが、auひかりならレンタルすることができます。
しかもauスマートバリュー適用していれば、通常500円かかるギガホームゲートウェイ内蔵無線LAN親機機能が無料で利用できます。

 

違約金

年更新のずっとギガ得プランの場合、途中で解約すると契約解除料15,000円がかかります。
2年更新のギガ得プランの場合は、途中解約で契約解除料9,500円がかかります。

 

契約から開通まで

auひかりを利用することを決めたら、電話またはネットから申し込みをします。
その際、工事日を決めることになりますので、あらかじめ都合の良い日程や曜日を確認しておきましょう。
ただし、工事日は申し込みが多いシーズンや土日などは混雑していることが多く、場合によっては一か月ほど先になってしまうこともあります。
日程には余裕をもっておいた方がいいですね。

 

工事は立ち会いが必要となります。
とはいっても一時間もあれば完了する程度の工事です。
工事が終わったらあとはモデムなどを接続して設定をすればすぐに利用可能となります。

 

まとめ

auひかりはフレッツ光に比べると利用できないエリアがありますが、料金面などを考えるとメリットが多い回線です。
エリアによってはauひかりではないけど、auひかりと同じようにauスマートバリューが適用可能な回線がありますので、そちらを利用するのもおすすめですね。